R markdown のご紹介 css適用編

Rmarkdownとは

Markdown記法をベースに、チャンクという形でRのコードを記述して評価・出力することができるモノ。

pdf, html, word等、あらゆる出力に対応している。

詳細な説明はググってみてください。 良質な記事が山ほどあります。

http://rmarkdown.rstudio.com/

Airbnbでも使われているらしい。。

https://qiita.com/KanNishida/items/8c80934d20a4981f73c1

jupyter notebook的なのもあるらしい。。

https://bookdown.org/yihui/rmarkdown/notebook.html

css を適用する

cssを適用して見出しの色、サイズを自由自在に変更しちゃいましょう。 <style>タグを使えば別ファイルで作る必要もありません。

hedderの後に以下のcssを挿入!

<style type="text/css">

body{ /* Normal  */
      font-size: 12px;
  }
td {  /* Table  */
  font-size: 8px;
}
h1.title {
  font-size: 38px;
  color: DarkRed;
}
h1 { /* Header 1 */
  font-size: 28px;
  color: DarkBlue;
}
h2 { /* Header 2 */
    font-size: 22px;
    color: DarkBlue;
    font-family: "Times New Roman", Times, serif;
}
code.r{ /* Code block */
    font-size: 12px;
}
pre { /* Code block - determines code spacing between lines */
    font-size: 14px;
}
</style>

ご覧の通り綺麗にcssが適用されましたとさ。 Before

f:id:kimoppy126:20180801151802p:plain After

f:id:kimoppy126:20180801144251p:plain

参考

css - Rmarkdown font size and header - Stack Overflow