gitで忘れがちなコマンド一覧

概要

よく使うけど忘れがちなコマンドをメモメモ。

プロジェクトの開始

git管轄下に置きたいとき。

$ cd [対象ディレクトリ]
$ git init
$ git remote add origin git@github.com:[ユーザ名/リポジトリ名.git]

新規でディレクトリから作る場合、git init [ディレクトリ名]で ディレクトリを新規に作成しgit管理化に置くことができる。

空commitを送る

プルリクエストを送りプロジェクトを開始する場合は、この後githubからプルリクエストを作成する。

$ git commit --allow-empty -m 'Created pull request'
$ git push -u origin [ブランチ名]

空プルリクエストを送る

hubを利用。
追記予定!!

対話的に変更追加

変更点を小分けにcommitしたいとき。

$ git add -p

次の commit で反映される変更を表示

git commitの前にcommit予定の差分を確認するとき。

$ git diff --cached

ファイル単位での変更確認

変更点が多すぎてgit diffだと見にくいとき。

$ git diff  [比較対象のブランチ名] --name-only

特定のリモートブランチをclone

特定のブランチからチェックアウトしてプロジェクトを開始したいとき。

$ git clone [取得したいgitレポジトリ] -b [取得したいブランチ名]

特定のリモートブランチをローカルにチェックアウト

既にgitレポジトリが存在し、別のブランチを取得したいとき。

# ローカルに登録しているリモートブランチの情報を更新
$ git fetch
# ローカルブランチの更新
$ git checkout -b [取得したいブランチ名] origin/[取得したいブランチ名]

特定のリモートブランチの特定のファイルのみをローカルにチェックアウト

既にgitレポジトリが存在し、別のブランチの特定のファイルのみを取得したいとき。

# ローカルに登録しているリモートブランチの情報を更新
$ git fetch
# リモートブランチのファイル内容を表示
$ git show origin/[取得したいブランチ名]:[取得したいファイルパス]
# ファイルの更新
$ git checkout origin/[取得したいブランチ名] -- [取得したいファイルパス]