WSLでnode.jsの環境構築

github.com apt-getで入手できるnode.jsはバージョンがかなり古い。 複数のバージョン管理が可能かつ最新版のnode.jsもインストール可能なnodebrewを使用すると、いろいろ楽ができるという話。 WSLと書いてはいるけれど、WSLに限った話ではないです。 前準備…

Single-cell RNA sequencing 技術に関するreview

論文要約シリーズ第1弾! 論文じゃなかったレビューだった。 Single-cell RNA sequencing technologies and bioinformatics pipelines Experimental & Molecular Medicinevolume 50, Article number: 96 概要 Single-cell RNA sequencing (scRNA-seq) は、が…

gitで忘れがちなコマンド一覧

git

概要 よく使うけど忘れがちなコマンドをメモメモ。 プロジェクトの開始 git管轄下に置きたいとき。 $ cd [対象ディレクトリ] $ git init $ git remote add origin git@github.com:[ユーザ名/リポジトリ名.git] 新規でディレクトリから作る場合、git init [デ…

Docker for Windows & WSLでファイルシステムのマウント

話題 Docker for Windows & WSLだと、dockerのマウント機能がうまく作用しないとか何とか。 Docker for WindowsをWSLから使う時のVolumeの扱い方 - Qiita Docker-compose and incorrect absolute paths for volumes · Issue #1854 · Microsoft/WSL · GitHub …

次世代のdocker、Docker BuildKit

噂によると、次世代感満載のdockerが使えるようになっているらしい。 その名も、BuildKit。 Docker 18.06より実験的に使用可能だったものが,Docker 18.09にて正式に採用されたとか。 Docker Build Meetupで盛んに話されていたようです。以下のまとめが美し…

Dockerfileでプライベートリポジトリからレポジトリをclone

Dockerfileでプライベートリポジトリからレポジトリをclone。 わかります?? 以下の記事を参考にしました。 vsupalov.com 通常このように書けばいいと思われがち。 というか自分はこれでいいと思っていた。 ARG SSH_PRIVATE_KEY RUN mkdir /root/.ssh/ RUN …

バイオインフォマティクスのコンペ - Bioinformatics Contest 2019

今日はとあるコンペのご紹介を使用と思う。 その名も、Bioinformatics Contest 2019! Online programming competition among individuals organized annually by Bioinformatics Institute in cooperation with ITMO University 毎年、Bioinformatics Insti…

ansiblerへの道 - ansibleのテストをDockerで

概要 昔こんな記事を書いたことがあった。 www.kimoton.com ssh接続できるDockerイメージを作成してansibleのtargetノードとして使用する、的なモノだ。 まぁこの記事ではssh接続できるようにしただけで終わってたのだけど。。 Docker イメージをansibleのテ…

これで決まり!最強自動コード整形ツール3選!

いやいや何が決まり!だよ、全然決まらねーよっていうタイトルすみません。 きっかけ 自動コード整形ツール。弊社では全く導入されていない。 何故か。 知らないからだ。 vimプラグインと手作業での修正という現状だ。 これはどげんかせんといかん。 代表的…

実践投入!pipenv!

概要 新しいも面白いも楽しいも正義なんだよ— いちたる (@_kimoton) December 18, 2018 ということで、やっていきましょうpipenv 前回の以下の記事ではPipenvのインストールとPython3.7.1環境の作成を行いました。 今回はもうちょっと真面目にPipenvを使って…

Scrapyのインストール

今更ですがScrapyのインストールについて詳しめに。 Scrapyの動作環境 Scrapy runs on Python 2.7 and Python 3.4 or above under CPython (default Python implementation) and PyPy (starting with PyPy 5.9). ScrapyはPython2.7、若しくはPython>=3.4のも…

WSL + Hyper + fish shell + pipenv + docker環境を整える

本日Dockerを使用していて、 ユーザーディレクトリをマウントしたまま夢の rm -rf / を試しに行いましたところ。 ユーザーディレクトリ以下がすべて消えたkimotonです。 これまでWSL + wsl-terminal + bashを使っていたのですが、そろそろモダンな環境への憧…

ライセンス(L)GPLのお話(PySide/PyQt)

概要 PyQtを使うか、PySideを使うか。 ん。何が違うんだ。 一番怖いのはライセンスの部分。 以下はPyQtのGithiub GPLとなっている。 一方こちらPySideのGithub LGPLとなっている。 Githubに公開されているようなオープンソースのソフトウェアはほとんどがこ…

Dockerfileにおけるキャッシュの削除

Dockerfileを見ていて Dockerfileでは、以下のように指定することが多い。 うん。割とどのDockerfileでもこうやっている。 RUN apt-get update && apt-get install -y \ aufs-tools \ automake \ build-essential \ curl \ dpkg-sig \ libcap-dev \ libsqlit…

PostgreSQLに入門してみる

いまだにRDBをあまり使ったことがない。 恥ずかしい。 ということで、巷で有名なPostgreSQLを使用してみた! インストール PostgreSQL: Downloadsからお手持ちのOSに合ったバイナリを落としてきてください。 手順に沿えば勝手にインストールされるはずです。…

親クラスの位置引数(positional argument)が子クラスで迷子になっちゃう件。

きっかけは。 まだそんなに開発が進んでいないが、とっても気になるリポジトリを見つけた。 github.com scrapy-selenium 要するに、Scrapy上でSeleniumを使用できるらしい。 これのイイところは、Downloader MiddlewareでSeleniumの設定をやれるようにしよう…

Scrapyチュートリアル

概要 毎度おなじみScrapyです。 Scrapyを使ったクローリングツールの作成手順として、Scrapyのチュートリアルでは以下のような手順を辿っています。 Scrapyのプロジェクトを作成。 Spiderと呼ばれる、クローリングを行い、データの抽出を行うためのクラスを…

Scrapyのアーキテクチャ

Scrapyは、Python製のスクレイピング用フレームワークです。 Scrapyのアーキテクチャ・設計を見ることで、Scrapyの内部で何が起きているのか、その全貌をざっくり理解しましょう。

Scrapyことはじめ

Scrapyは、Python製のスクレイピング用フレームワークです。 Scrapyのごく簡単なチュートリアルを紹介しつつ、Scrapyを使用するメリットについて、考察します。 BeautifulSoupや、Seleniumだけでは足りない処理とは。。

Seurat を駆使する会②

SeuratはシングルセルRNA解析で頻繁に使用されるRのパッケージです。 Seuratを用いたscRNA解析について、CCAによるbatch effect除去などを含めた手法を丁寧に解説します。

つぶやきたい

前略、お元気ですか。昔のkimoton様 昔の人と話して、最近の自分が圧倒的に普遍的なことばかり書いている、話していることに気づいた。 なぜだ。これが社会の闇というやつか。 昔はもっと自由に書いていた。まぁただ感じたままの現実を綴っていただけだった…

Docker入門

はじめに Docker って何? メリット デメリット 継続的インテグレーション(Continuous Integration)を加速する Docker コマンド 公開されているDocker イメージを使いたい! 今ローカル環境に存在するイメージを知りたい! コンテナを生成して起動したい!…

データのクオリティをチェック - FastQC

データのQCとは バイオインフォマティクスの解析では、通常シーケンサから出力されたリードの配列データを入力データとします。 このデータから、様々な解析を行い、生物学的な意味合いを見出すのですが、 その前に、そのデータが本当に解析する価値のあるも…

配列のクオリティーコントロール - FASTX-toolkit

はじめに FASTX toolkitは、ショートリードのfastqファイルの前処理に使用されるコマンドラインツールの集合です。 低クオリティーのリードを除去したい場合や、クオリティーを基準に塩基をトリミングしたい際等に使用されます。 似たようなツールとしては、…

Sphinxでドキュメント作成 - github.ioでの公開まで

Sphinx とは Python製のドキュメント生成ツール。 特徴としては以下の通り。 reStructuredTextで記述する(プラグインの導入によりMarkdownも可) ドキュメントを複数ファイルに分けて管理することができる 実体はプレーンテキストなのでGit等でバージョン管…

Juliaでパッケージの利用 & OhMyREPLでREPLの強化

パッケージ概要 再利用可能な関数などを集めたスクリプトファイルのことをモジュールと呼びます。 さらに、同系列のモジュールを集めたものをパッケージと呼びます。外部のツールの多くは、このパッケージという単位で公開されています。 そういえばこんなツ…

Rのtmpディレクトリ

R

とあるRのツールを実行した際、こんなエラーが出た。 Fatal error: cannot create 'R_TempDir' Rの一時ディレクトリが作れないと。 なるほど。なんでだ。 R_TempDirという環境変数でディレクトリが設定されているのかと思って下記を打つも登録されていない。…

scRNA解析に有用 - SingleCellExperiment クラス

SingleCellExperimentクラス single cell RNA (scRNA-seq) 解析のためのS4 Classesです。 様々なscRNA-seq解析のパッケージで採用されており、scRNA-seq解析に有用なデータを保持しながら解析を進めることができます。 Bioconductor Bioconductor - SingleCe…

Julianへの道② - 多層ディスパッチ

多層ディスパッチ 多層ディスパッチとは、複数バージョンを持ち、そのバージョンが引数によって区別されるような関数のことを指すらしい。 Python2.4で実装されたmmモジュール内のmultithred関数を参考に、多層ディスパッチの実装について理解を試みた。 単…

遺伝子突然変異のお話とその種類

なんかただのエンジニアみたいなブログになってきたため、たまには生物学的なお話を。 遺伝子突然変異とは 呼んで字の如く、遺伝子上の塩基配列が変化することを指す。 生物学をあまり知らない人からは、単に遺伝子変異と呼ばれやすいかもしれない。 核・ミ…